CAREERS採用情報

オイシックスのエンジニア職とは

あなたは何を志し、エンジニアになろうとしているのか。
ジョブズは「世界を変える」とよく言った。
ゲイツの目標は最初から「すべての机と、すべての家庭にコンピュータを」だった。
ベゾスは「地上で最も顧客中心の会社」を目指している。
世界に大きな影響を与え、現代の若きエンジニアたちに夢を与え続けている技術系起業家たちは皆、大きな志を持っている。
「テクノロジーを使って、豊かな食生活を実現する。それも、イノベーションを起こす革新的な形で。」
オイシックスのシステム本部長であり、創業メンバーである山下の志は今も変わらない。
オイシックスが創業した2000年当時、インターネットで野菜を買う人はいなかった。
世界中で、多くの企業が食品EC事業に挑戦したが、失敗した。
そんな中で、オイシックスは独自のシステムを築き上げた。
2017年の今、日本中で野菜や食品をインターネットで購入することが「当たり前」になりつつある。
オイシックスには、まだまだ改善・進化しなければならないことが山ほどある。
今はまだ無いものを生み出し、それが当たり前の世の中をつくりだしたい。
野望を持ったエンジニアの挑戦を待っている。

システム部の魅力

全部自分たちでやらせてくれる

作って終わりじゃない。自分たちが作ったサービスがリリースされ、想像以上の反響もあれば、失敗する事もある。
でも、それで終わりじゃない。お客様の声を基に継続的に開発できたり、新しい事にチャレンジできるのは、
オイシックスが全部システムを内製しているから。
事業が成長して、エンジニアに新しいチャレンジの場を作る事ができるから。

エンジニアの枠を飛び越える

オイシックスでは2008年ぐらいから、新しい事業、新しいシステムの立ち上げが加速している。
その際に、エンジニアに求められるものは、技術の範囲を超え、一人のビジネスパーソンとしての経営判断。
一人のエンジニアに対して任せる裁量の大きさが、エンジニアから経営判断のできるビジネスパーソンとしての脱皮を促す。
その中で、エンジニアから経営の中核に関わるまでに成長したエンジニアもいる。

システムの特徴

オープンソースのアーキテクチャーを多用していること、EC事業に必要なシステムを全て自社で内製をしていること。
言語としては、Javaが大半で、Javaのプログラミングが可能であれば、 社内の全部のシステムの開発に携わる事ができる。

(公開中のシステム)

「Oisix.com」
2000年創業以来、17年改善を積み重ねてきたECサイト。
利用経験者数は100万人を突破。月間UUは約100万人。

(社内システム)

「在庫管理システム」
他の分野の在庫管理システムと違い、賞味期限の付いた食品を取り扱う在庫管理システム。

「顧客管理システム」
「カスタマーサポート」CRM大賞など、お客様との関係を作り上げてきた事に対して、定評や表彰をされてきたオイシックス。一人一人のお客様の対応をするカスタマーサポートを支えるシステムの存在がそこにある。

「出荷システム」
オイシックスの物流を支える。海老名のオイシックス物流センター。
一人の平均購入アイテム数が14品、更にお客様によって、注文の品や、同封するものが違うなど複雑な物流を支える出荷システム。

PAGE TOP