CAREERS採用情報

入社2年目で海外事業部の立ち上げを任されました

松本 浩平|経営企画室 / インターン経験あり 20代で室長

難しそうな事を頑張っているオイシックスに惹かれた

私は、大学院1年生の時にインターンとしてオイシックスに参加しました。
その後、卒業と同時に新卒として入社し、今年で入社6年目、インターン時代を含めると8年目になります。

オイシックスとの出会いですが、そもそもは、大学のOBで当社取締役の古府が母校で行った講演会に出席した事がきっかけでオイシックスを知りました。

その講演を通じて、インターネット通販業界を漠然とですが面白いと感じていた私は、食品のECという難しそうな領域で頑張っているオイシックスという会社に興味を持ちました。

入社2年目で海外事業部の立ち上げを任されました

インターンで入った当初は、主に代表の高島の手伝いを任され、高島案件のリサーチ業務や、他社へのコンサルティング、広告事業の立ち上げを担当していました。

高島と一緒に仕事をすることを通じて、直伝でロジカルシンキングとオイシックスの理念を学べたことは、非常に良い機会になったと思っています。

入社半年後には、新規事業として広告事業の立ち上げを企画から任され、媒体開発から営業、実施まで失敗しながらも一通りを挑戦させて貰いました。

インターンでここまで任せてくれる企業はまず無いなと感じました。

新卒入社後、2年目では、早くも現在の海外事業部の立ち上げを任されました。国からの補助金をいただいて、香港へのテストマーケティングをしたり、貿易業務を行ったり、香港の物流会社との連携、Webサイトの構築をしたりと、これまで経験のないような多岐に亘る業務を担当しました。

他にもチームメンバーの一員として、リクルート社とのジョイントベンチャーである「ごちまる社」の立ち上げを担当したりしました。

これらは仕事の種類や進め方が異なるため、最初はとても苦労しましたが、下調べをした後、関連のある社内外の人に話を聞いたり、お客様にインタビューを実施し、仮説を強化した上で何度も試行錯誤し、無事にその事業を立ち上げる事が出来た時には、大きな達成感がありました。

頑張る人や結果を出した人に新しいチャレンジやチャンスをくれる会社です

現在は、オイシックスの経営企画や事業提携、IRを担当していますが、オイシックスでは色々な仕事を任せてもらえるため、毎年飽きることなく刺激的なチャレンジを続けることができています。

去年はIPOというチャレンジにコアメンバーとして携わり、今年は会社として初めてのIRや、三越伊勢丹など他社との事業提携などにチャレンジさせてもらっています。

オイシックスは頑張る人や結果を出した人にどんどん新しいチャレンジやチャンスを与えてくれる会社です。

また、コンサルティングファームのようにロジカルなところがありつつも、事業会社の熱さも併せもっている会社です。

その両方を見たいと考えている人には合うと思います。大人しい人より、アグレッシブに色々チャレンジしたいと思っている人に来て欲しいですね。
PAGE TOP