CAREERS採用情報

商品の良さを最大限に表現できる人に来て欲しい

春名 秀行|EC事業本部 / Web広告会社出身 デザイナー

自分がつくったモノを人の目に触れる場所へ出したいという想い

私は2012年にオイシックスに入社し、現在、オイシックスのデザイナーとして、
主にコーディングを担当しています。

学生時代の私は、世の中に情報処理の技術が必要になると考えていて、
アルゴリズムやCOBOL、Visual BasicやJavaなどについて学んでいました。

就職活動の頃には、既にあるモノを売るような営業職ではなく、自分でモノを作り、それを人の目に触れる場所にアウトプットをしたいと考えていたので、人が一番触れるシステム=ソフトウェアの会社で働く事を決めました。

お客様の笑顔が分かる仕事がしたい

商品の良さを最大限に表現できる人に来て欲しい

自分がつくったモノを人の目に触れる場所へ出したいという想い

私は2012年にオイシックスに入社し、現在、オイシックスのデザイナーとして、
主にコーディングを担当しています。

学生時代の私は、世の中に情報処理の技術が必要になると考えていて、
アルゴリズムやCOBOL、Visual BasicやJavaなどについて学んでいました。

就職活動の頃には、既にあるモノを売るような営業職ではなく、自分でモノを作り、それを人の目に触れる場所にアウトプットをしたいと考えていたので、人が一番触れるシステム=ソフトウェアの会社で働く事を決めました。

お客様の笑顔が分かる仕事がしたい

ソフトウェア会社で働いていた時は、内側の処理の作成をすることが多かったので、私はもっとエンドユーザに近いフロント側のものを作りたいと考えていました。

そこで、骨組みを学ぶ意味でhtml全般を学び、働きながらWEBデザインの学校にも通って、WEB会社のホームページを作ったりしていたのです。

社会人学生として学校に行き、概念やデザインソフトの操作を学びつつ、実務を積んでいましたね。

お客さまの要件からワイヤーフレームを制作し、デザインに落とす。そのとき、やりたいことができたと感じていました。転職を考えたのは、もっともっとお客様の声に近い仕事をしてみたいという気持ちが出てきたからです。

内側の処理をやっていると、自分の仕事でお客様が喜んでもらうイメージがなかなか分からないので、お客様が直接触って喜んでもらえる部分の表側のデザインをやりたいとい思うようになりました。

「商品の良さ」を最大限に表現できるデザイナーに来て欲しい

オイシックスは、まさに私がやりたいと考えていたような、お客様の声が近い職場でした。オイシックスにはカスタマーサポートがあるので、お客様の声は良いものも悪いものも常に社員に共有されます。

お客様の声を感じながら、問題のある部分は改善をすることができますし、それによってお客様から喜びのメッセージが届くこともある。お客様の声がダイレクトに届くことはデザイナーのモチベーションになっています。

オイシックスの場合、商品力があるものばかりなので、良いデザインを創るというより、「商品の良さを、いかにそのまま表現することができるか」ということがポイントになります。

ここで失敗すると良い商品でも売れなくなったりするのです。そのため、デザイナーであっても要件定義の打ち合わせから入り、EC事業部の方と密にコミュニケーションをとって業務を進めます。

他部署の人と連携することが多い職場ですし、意見は良いやすい環境があると思います。写真も自社のカメラマンが撮影しているので、スピード感も違う。

まだまだ改善するところは沢山ある会社なので、勿論、問題にぶち当たることもありますが、そういったことを楽しんで解決できるような方はぜひオイシックスに来て下さい。
PAGE TOP