CAREERS採用情報

世の中に対して何か還元できる仕事がしたい

福嶋 智美|販売企画部 / 制作会社出身 アートディレクター

売り方とデザインを同時に提案する「セールスプロモーションデザイン」をしていました

私は現在、オイシックスのDTPデザイナーとして、主にオイシックスのオフラインでの制作全般(ウェブ以外)のディレクションやデザインを担当しています。PB商品のパッケージやお客さまに届ける箱に同梱するサービスのお知らせなどを作ったりしています。

前職では、セールスプロモーションを強みとしている制作会社に勤めており、ある商品の「売り方」を考えながら、デザインするという仕事をしていました。

セールスプロモーションデザインには、マーケティングスキルが必要で、その機能はどういう人に受け、訴求ポイントはどこなのかを詰めてからデザインに落とすという仕事をしていました。

制作業界は基本的に忙しいクライアントに合わせて動くため、徹夜をすることもよくありました。梱包に使うプチプチシートにくるまって床で寝た時もありしたね(笑)
意外と寝心地が良くて(笑)

世の中に対して何かを還元できる仕事がしたい

制作業界で働いているとよくある話かと思いますが、スケジュールを自分の思い通りにできない事が大半です。クライアントとの予定は絶対にずらせないため、納期の緊張感はとてつもないプレッシャーがありました。

その一方で、自分の成果物が世に出回っている光景を見ることはとても嬉しい瞬間でしたね。それから、私の仕事をみて、また仕事を頼んでくださる方がいることもやりがいにつながっていました。

一方で、利用後はすぐにすてられてしまう店頭ポップなどの消耗品を作ることへの空しさも感じていました。人の役に立ってはいるのだろうとは思いつつも、世の中に対して何か還元できているのかなと考えるようになりました。

そんな時に、たまたま利用していたオイシックスのサイトで採用募集のバナーを見つけました。

オイシックスは自分が利用していたサービスで、仕事のイメージもつきやすかったですし、ちょっとしたお手紙だとか、商品の届け方に誠意を感じていたこともあり、早速、応募しました。

提案型デザイナー求ム!

実際に入社してみて、業務内容にギャップはありませんでした。オイシックスは小売りですから、当然マーケティング力が必要になりますし、デザイナーであっても企画から取り組むこともよくあります。

PB商品のパッケージひとつをとっても、いかにオイシックスを楽しんでいただくかを考えたり、なるべく低コストでできるような策を練ったりします。

オイシックスは、商品そのものの価値にお金をかけるべきという考えがあるため、制作物に対するコスト意識は非常に高いですね。またいちばん最後に使っていただく方のことを考えて仕事ができることに強いやりがいを感じています。

まだまだ成長途中の会社ですから、自分で判断ができる仕事を早い段階で任せてもらえることも魅力のひとつです。反面、誰かに伸ばしてもらおうと思っているとしんどいと思います。

企画者の意図することを、デザインする力に加えて、予想以上の提案をしてくれる
アクティブなデザイナーに来て欲しいですね。提案型デザイナー求ム!
PAGE TOP