• お客さまからが開発途上国に届けた給食数 累計 3,214,191食 ※2008年8月〜2017年2月集計

食を通してできることwith Oisix

食べることが支援になる

  • TABLE FOR TWO

    ヘルシーな食品を選ぶことで、
    開発途上国の子どもたちに給食を

    TABLE FOR TWO(テーブル・フォー・ツー)は、開発途上国の飢餓と先進国の肥満や生活習慣病に同時に取り組む、日本発の社会貢献活動です。オイシックスでは、TFT認定商品の販売通じて、お客さまにヘルシーな生活をしていただきながら手軽に無理なく社会貢献できる環境を作っていきたいと考えております。

  • 震災に負けずに立ち上がった
    東北の生産者の産業復興を長期的に応援しています。

    東日本大震災によって被害を受けた食品産業の長期的支援を行っています。東日本の食の復興と創造を長期的に促進すると同時に、日本の食文化を育み、世界に誇れるブランドとして確立するために、復興を目指す生産者リーダーの養成、食関連企業とのマッチング、日本の食の安全・安心を伝えるシンクタンク機能を担っています。

  • EAT and SEND

    「募金つき商品」の販売を続けることで、
    継続的な復興への支援を。

    EAT and SEND プロジェクトは、「募金つき商品」の販売で、被災地の復興に対して継続的な支援を行っています。被災地復興には長い時間がかかるため、支援を続けられる仕組みが必要です。緊急を要する救済のための食料支援や募金にくわえて、日々のお買い物を通じた支援を展開しています。

作る人を応援する

  • TOKYO HARVEST

    東京から、ラブレターを。
    生産者に感謝の気持ちを伝える収穫祭・東京ハーヴェスト

    毎日の食卓に並ぶ食材。その食材を作る生産者の存在を、私たちはつい忘れがちです。東京の真ん中から全国の生産者の方たちへ、尊敬と、感謝をこめて「ありがとう」の言葉を届けるイベントTOKYO HARVEST。秋の「収穫祭」の様子をご紹介します。

  • 農家・オブザイヤー

    お客様からいただく「おいしい!」の数が基準
    優良農業者No1を決めるイベント

    お客様からもっとも多く「おいしい!」とお声をいただいた生産者を表彰する場です。生産者の技術や経営手腕ではなく、年間を通じてお客様からの反響数が評価基準になっている点で、2004年の開催以来、常に多くの注目を集めてきました。生産者が消費者の求めるものを知る機会となっています。

  • N-1 SUMMIT

    優良農業者が切磋琢磨するためのプラットフォーム
    交流し、発信し、前進する場

    「生産者が消費者のことを真剣に考えることで、農業界の活性化を目指す」といったコンセプトのもと、埋もれている可能性やチャンスを掘り起こし、前向きなアプローチをしていく取り組みです。N-1 SUMMIで出会った人どうしが手を組み、日本の農業を盛り上げるための活動を行っています。2014年には「トマト部会」が立ち上がりました。

PAGE TOP